取材レポート-記事

2022.10.31

関西国際空港第1ターミナル新国内線エリアのオープン前潜入レポ!

 2022年10月21日(金)に、関西国際空港第1ターミナルビルの新国内線エリアを視察してきました!
 本視察は、現在、関西国際空港において第1ターミナルビルのリノベーション工事が実施されており、第1フェーズとなる国内線の工事が完了し、今月26日(水)にオープンされたものです。筆者は、そのオープン前に潜入してまいりました!
 10月11日(火)より、1日の入国上限総数が撤廃されるなど、日本の水際対策が緩和されたのは、皆さん記憶に新しいと思います。何よりも、外国人観光客が個人旅行でも入国できるようになり、また、国内でも全国旅行支援事業が開始されたため、空港の内外を見渡すとキャリーケースを持ち運ぶ人がたくさんいました。
 空港がにぎわっているという状況を見るだけで嬉しく、駅から空港ターミナルビルまでの間、歩きながら、このまま回復していくことへ期待感を抱きました。

T1国内線視察①第1ターミナルビルへ続く連絡橋前

 さて、関空の運営会社である「関西エアポート株式会社」のスタッフに出迎えられ、他の視察者と共に、新エリアまでご案内いただきました。
 南海・JRの駅から第1ターミナルビルへ渡ったすぐのフロアが、2階ですが、こちらには、新国内線エリアのオープン日よりも早くに、先行オープンした新たな商業エリアとして、「Tasty Street」のフードコートや薬局「ココカラファイン」がありました。

T1国内線視察②

「Tasty Street」の入り口

T1国内線視察③

「Tasty Street」内フードコートの様子

 フードコート内は、たこ焼きにラーメン、和定食など、美味しそうな匂いが漂っており、たくさんのお客様でにぎわっていました。
 入口から奥行を感じるここは、少し慌ただしくも感じる搭乗手続きカウンター等の通路から離れ、空腹を満たしつつも、木材が多く使用された温もりある場所として、これからもお客様を誘うのだろうと思いました。
【関西エアポート株式会社プレスリリース(8/25)】
http://www.kansai-airports.co.jp/news/2022/3064/J_220825_PressRelease_NewDomesticArea.pdf

 このフードコートの奥側は現在、壁が広がっていますが、2023年冬の新国際エリアのオープン時に、新たなお店がオープンするそうです。楽しみですね!

 さて、この柵の向こうに広がる新たな国内線エリアにいざ、潜入しました!

T1国内線視察④

 まず、保安検査場に入りました。こちらはセキュリティ等のため、写真をお見せすることができないのですが、15mのスマートレーンが6台設置されていました。

 保安検査場を通過すると、「カームダウン・クールダウンスペース」が設置されていました。このスペースは、旅や出張などで、お客様が受けた様々な刺激やストレスを緩和するものです。早速、お客様への配慮を感じられました。

T1国内線視察⑤

「カームダウン・クールダウンスペース」

T1国内線視察⑥

「カームダウン・クールダウンスペース」の中

 そして、搭乗口へ続く通路が出現しました。

T1国内線視察⑦

 この通路の頭上(3階)には、お客様のキャリーバックなどお荷物が運ばれており、通路右手の窓から見えるこの箱上建物に流れて、仕分けられるようです。

T1国内線視察⑧

 この通路を通過すると、こちらには26日にオープンした商業エリアが広がっていました。

T1国内線視察⑨

 また、ここでも、「Tasty Street」のフードコートと同様、木材が多く使用され、温もりと和を感じる空間となっていました。
 日本に到着した外国人に対しては「日本」のおもてなしを、また、海外から帰ってきた日本人に対しては、ホッと安心できる場所として提供されており、とても素敵な設計だと感じました。
 創業140年以上になる京都老舗の天ぷらのお店「天ぷら 圓藤」から、大阪を代表するお好み焼きを売りとする「ぼてじゅう」、座席が豊富な「サンマルクカフェ」など、こちらも飲食が充実していました。もう想像しただけで、お腹が鳴りそうです。

 また、空港の運営会社、関西エアポート株式会社が展開するお土産店「関西旅日記」があり、大阪・関西土産はもちろんのこと、関西エアポートグループの公式キャラクター「そらやん」のグッズなんかもこちらでゲットできますよ!

T1国内線視察⑩

 旅の前に、下記ホームページでも、どんなお土産があるかチェックしてみてくださいね!
 【関西旅日記】
https://www.kansaitabinikki.jp/? utm_source=ITAMIKOBEKIX_HP_EVENTNEWS&utm_medium=referral&utm_campaign=20220328_ITAMIKOBEKIX_HP_EVENTNEWS   

 また、関西エアポート株式会社のスタッフに以前、おすすめ土産など、取材した記事がありますので、こちらもぜひ、見てくださいね!
【関西国際空港全体構想促進協議会メールマガジン6月号】
https://www.fly-kix.jp/mailmagazine/backnumber/2022/06/24588/

 こちらの商業エリアは、出発、到着両方のお客様が入れる場所となっていますので、出発時に買いそびれた、食べられなかったものを到着時に、リベンジ可能なのでぜひ、旅の始まりから終わりまで、目一杯楽しんでくださいね!

 さて、この商業エリアを過ぎると、そこには、搭乗口と待合スペースは広がっていました。
待合ベンチをよく見ますと、コンセントの差込口があり、皆さんの旅の大事なお供である、スマホやタブレットなどが充電できるようになっています。これは助かる!って方も多いのではないでしょうか。

T1国内線視察⑪

搭乗口と待合スペース

T1国内線視察⑫

待合スペースのベンチのコンセント差込口

 また、目の前には、大きな管制塔が広がり、待合時間も退屈しません。

T1国内線視察⑬待合スペースの目の前に広がる管制塔

 反対に、関空到着、もしくは、国際線への乗継ぎの方は、商業エリア前の先ほどの通路を通り、出発の方と混ざらないようにこちらで分かれます。

T1国内線視察⑭

到着口・国際線乗継ぎへの通路

T1国内線視察⑮

到着口・国際線乗継ぎゲートを過ぎると戻れません

 こちらのゲートを通り過ぎ、エスカレーターを下ると、手荷物受取場にたどり着きます。

T1国内線視察⑯※写真に流れている荷物は、テスト用です。

 そして、今回、特別にオープン前ということで、通常はJAL、ANAのラウンジ利用可能なお客様しか入られない、新たなラウンジ「ラウンジ KANSAI」に入らせていただきました!
 もう、入口からワクワクしますね!

T1国内線視察⑰ラウンジ KANSAI入口

 入ってみると・・わぁ!とっても広い!
 ふかふかのソファに充実したドリンクカウンターが!USBの差込口もあり、お仕事でパソコンを使用する場合など、充電ができて助かりますね。

T1国内線視察⑱

ラウンジ KANSAIの中の様子

T1国内線視察⑲

ラウンジのドリンクカウンター

T1国内線視察⑳

ソファにはUSBの差込口

 また、個室も用意されており、多様な利用が可能となっていました。

 以上、オープン前新国内線エリアの潜入レポートをお届けしました!
旅の前にワクワクする空間が新しくできています!ぜひ、旅や出張の際には、関空を利用して、体験してくださいね!

【関西エアポート株式会社プレスリリース(10/26)】
http://www.kansai-airports.co.jp/news/2022/3086/J_2221026_PressRelease_NewDomesticAreaOpen.pdf

【オープンテープカットとオープン後の様子】

★20221026テープカットセレモニー
★商業エリア全体
サンマルク寄り
関西旅日記
ラウンジ入口
★ラウンジ俯瞰
到着導線3
国内バゲッジクレーム
フードコート入口
フードコート

2022.07.03

深日港フェスティバルに参加してきました!

 2022年7月3日(日)に岬町で深日港フェスティバルが開催されるとの情報をゲットし、行ってきました!
 深日港駅に着き、改札を出ると法被を着た町民の方々がぞろぞろ、深日港はお祭りモード全開!にぎわう中、まずは、深日洲本ライナーの船のりばへ向かいました。
 「いきなりイベントから離れているやん。」とツッコミの声が聞こえてきそうですが、筆者は、この船に前から乗ってみたかったのです。船に乗る機会なんてなかなかないので、朝からワクワクしていました♪

 深日港には、岬町と淡路島の洲本市を結ぶクルーズ船があるのをご存じですか?
 なんと片道約50分で、岬町=淡路島間を渡れちゃうんです!また、スポーツサイクルを積載できるので、気軽にサイクルツーリズムもできますよ。乗船のネット予約もできますので、詳しくは深日洲本ライナーの公式ホームページで確認してくださいね!

【深日洲本ライナー公式ホームページ】
 https://fuke-sumotoliner.com/

 チケットを購入し、船のりばへ向かうと田代町長の姿が!今日は祭典の日ですもんね。一礼させていただきました。

右側:田代岬町長

深日洲本ライナー

 いざ乗船!わぁ!す、涼しい!これだと夏も快適に船旅ができます。早朝の雨による蒸し暑さとお祭りの熱気が重なり、さらに暑くなっていたので、いいクールダウンになりました。
 天候が気になっていたものの、雨は降らず次第に晴れ間も見えてきて、波も穏やか。飛行機が上空を抜けていく姿や、岬町の各漁港や海上釣り堀とっとパーク、友ヶ島、そして、遠くに見える関西国際空港の姿を眺めつつ、穏やかな船旅時間を過ごしました。

 次第に大きな船着き場が見えてきて、到着。淡路島に渡ったんだなぁと感動しつつ、船着き場から海岸沿いには、海水浴場や旅館が並んでいて、車がなくても気軽に旅行ができそうだなぁと町を眺めました。

洲本港

サイクルツーリズムを終えて岬町へ向かう人々

 そして、再び深日港へ。
 すると、深日港フェスティバルの海上イベント、「うずしお観光船大阪湾ミニクルーズ」の船がまさに出発しようとしていました。毎年人気のイベントで、たくさんお客さんが笑顔いっぱい、催事場に残る地域住民から手を振られて元気よく出発していきました。
 さて、気を取り直して筆者も、深日港フェスティバルの中を周遊しました。
消防団員や自衛隊等の展示ブースをはじめ、岬町、和歌山県、岬町と友好交流都市協定を締結している岡山県美咲町から特産品の出店、地元飲食店の出店にキッチンカーなど、どれもこれも魅力的。
 筆者は、特産品の出店を眺めてまわり、お土産に岡山県美咲町の卵がけごはん用醤油とふりかけ、和歌山県産の枝豆をゲットしました。ほかにも、ピュオーネやホワイトコーン、玉ねぎなど新鮮で美味しそうな特産品が並んでいましたよ♪

うずしお観光船大阪湾ミニクルーズ

深日港フェスティバルの様子

 子どもから大人まで多くの方が集まって活気があり、地元に愛されるお祭りなんだなぁと感じながら、楽しい一日となりました。

【深日港フェスティバルについて】 
 http://www.town.misaki.osaka.jp/soshiki/soumu/kikaku/fukekoufwsuteibaru/dai9kai/4090.html

2020.12.23

関西国際空港の感染症予防対策支援事業を実施しました!

2020年8月より、関西国際空港の従業員向け感染症予防対策支援事業を実施しました。

本事業により、空港島内各所に「ソーシャルディスタンスマーキング」を設置し、さらに保安検査場や案内カウンターに飛沫防止対策として「アクリルパネル」を設置しました。

また、国際貨物地区などで働く空港従業員に対して検温実施のための「サーモグラフィー」の設置や消毒液の配布を行いました。

空港従業員からは、安全・安心に働ける環境が充実したと喜びの声をいただいているなど、すべての関空利用者に対する安心の提供につながることを期待しております。

ソーシャルディスタンス ラバーマット

ソーシャルディスタンス ラバーマット

サーモグラフィー

消毒液配布

カテゴリーリスト

    事務局へのお問合わせ

    大阪市中央区大手前2丁目1番22号
    大阪府政策企画部成長戦略局
    空港政策グループ

    To top