2007年8月2日第2滑走路オープン

関西国際空港の姿

概要

関西国際空港全体構想について

関西国際空港全体構想とは、現在の第1期(A滑走路)、2007年8月2日に限定供用が開始された第2期(B滑走路)に加え、横風対策用としてのC滑走路と合計3本の滑走路と関連施設を備える、という構想です(下図点線部分)。しかし、平成6年(1994年)に開港以来、横風による滑走路閉鎖はほとんどありません。

 
現在(第1期)

現在(第2期)

全体構想
滑走路 A滑走路3,500m A滑走路3,500m
B滑走路4,000m
A滑走路3,500m
B滑走路4,000m
C滑走路3,500m
面 積 約510ha 約1050ha
(限定供用時 約760ha)
約1300ha
ページTOPへ戻る