当協議会について

関空のゲートウェイ(出入国拠点)機能の強化に向けて

平成30年度ゲートウェイ機能強化促進事業(集客・利用促進事業)の展開

当協議会では、関空を活用した関西の発展とアジアのゲートウェイを目指す関空の成長に資するよう、基本方針のもと、「航空ネットワークの強化とインバウンド拡大」、「関西の魅力発信と食の輸出促進」、「関西国際空港のアクセス利便性の向上」の3つを柱に取り組みます

(1)航空ネットワークの強化とインバウンド拡大

 ①航空会社と連携した関西インバウンド促進共同事業等の実施
   関空のインバウンド効果を関西一円へ浸透させ、かつ関空の航空路線の維持・強化を図るため、引き続き、航空
   会社、自治体等と共同・連携し、海外から関西への招聘旅行や旅行商品の造成を進めます。
   特に、本年度は、パートナーとなる航空会社の拡大を図るとともに、交通事業者との連携を一段と強化します。
   加えて、その魅力が未だ知られていない地域の観光資源を地域とともに発掘し、海外へ発信するための取組を試行
   的に実施します。
   また、災害発生時において、関空を利用する訪日外国人の安全、安心に資する取組みを検討し、実施します。

 ②海外プロモ―ションの推進
   関西の自治体・経済界との連携のもと、前記のインバウンド促進共同事業等と一体的に、海外へのプロモーション
   活動を実施します。


(2)関西の魅力発信と食の輸出促進

 ①関西の魅力と特産品の発信
   訪日外国人等に対し、関西の魅力をPRするため、前年度の試行実施の結果を踏まえた支援制度の拡充を図ることで、
   引き続き、関西の自治体、関西エアポート株式会社等との連携のもと、空港ターミナルにおける地域物産の展示販売
   活動や観光・文化のPR活動を促進します。

 ②食の輸出手続きのワンストップ化の推進
   関西からの「食」の輸出を促進するため、国の理解・協力のもと、大阪商工会議所と共同で食の輸出関連証明書を
   ワンストップで交付する実証実験を引き続き進めます。



(3)関西国際空港へのアクセス利便性の向上

 ①多様な関空アクセスの充実
   関空と関西各地を結ぶ多様なアクセス手段や企画切符のPRのため、交通事業者等が行う広報活動に対し支援を
   行います。

 ②訪日外国人にとってのアクセス利便性の向上
   関空から関西を訪れる外国人が、関西一円へ円滑かつ快適にアクセスできるよう、地域交通サービスでの配車アプリの
   導入や、鉄道事業者による関西周遊ルート普及に向けた広報活動等に対し支援を行います。
   

 

ページTOPへ戻る